カリグラフィーのはじめ方

カリグラフィーを始めようpart2

カリグラフィーを気軽に始めるためのアイテム選び

カリグラフィーに必要なアイテム

カリフラフィーを始めたいあなたにまず必要なアイテムは

・ニブ

・ペンホルダー

・インク

・紙

この4つ。今回はお薦めのinkについてご紹介したいと思います!

インクを選ぼう

インク何を使ったら良いか悩みますよね?色も様々なものがあります。

沢山の種類がある中で私がお薦めのインクをご紹介させて頂きます。

パッケージもおしゃれで可愛いものも沢山ありますので
余裕が出てきたらコレクションしてみるのも楽しいですよ。

ランキング1位

Higgins Eternal Ink

ヒギンズのインクは1880年にアメリカで発売され今では世界中で愛用されている高品質なインクです。価格も他のインクに比べるとお手頃なためよくワークショップなどの練習用のインクで使用されています。細い線が書けてとても使いやすいです
書き心地 [jinstar5.0]
容量 73.9ml
生産国 アメリカ合衆国
参考価格 980円(税抜)

ランキング2位

Tom Norton’s Walnut Ink

セピア色がおしゃれなトム・ノートンのウォルナットインク。このまま使用しても色褪せず綺麗です。他のインクと混ぜてオリジナルカラーを作ることも楽しめます。このまま使用する場合は色素沈着して墨のように滲むという味のあるインクです。
書き心地 [jinstar4.5]
容量 42ml
生産国 アメリカ合衆国
参考価格 1,000円(税抜)

ランキング3位

J.HERBIN トラディショナルインクボトル

フランスの老舗ブランド「エルバン」。艶ある黒のクオリティから「インクの真珠」と呼ばれ「Perle Noire(黒真珠)」と名付けられたそう。なんと色の種類が30種類もあるので自分のお気に入りの色が見つかりそうですね!ボトルの手前の溝にはペンホルダーを置くこともできます。
書き心地 [jinstar4.0]
容量 30ml
出産国 フランス
参考価格 1,400円(税抜)

いかがでしたでしょうか。

今回はブラックやセピア色のinkをご紹介させて頂きました。goldのお薦めインクはこちら

次回は紙のお薦めをご紹介させて頂きます。

紙のお薦めはこちら

カリグラフィースターターキット
生活にあたらしいひと時を。

JUN OBANE

JUN OBANE

カリグラファー/ 文字デザイナー/ プロダクトデザイナー/ ひとめ見てときめくMONO作家/ カリグラフィー講師/ 活動拠点:鹿児島

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


JUN OBANE

JUN OBANE

カリグラファー/ 文字デザイナー/ プロダクトデザイナー/ ひとめ見てときめくMONO作家/ カリグラフィー講師/ 活動拠点:鹿児島

TOP