カリグラフィー業界の最新情報

カリグラフィー・カッパープレート体を学ぶならこの本☆

おはようございます^^
OBANE JUNです。

カリグラフィーを始めた人誰もが憧れる華麗で美しい書体。
この優美でクラシックな書体を「カッパープレート体」といいます。

こんな文字が描けるようになったらみんなに自慢したくなってしまいますよね。
実際にウェディングのアイテムなどでも多く使われている書体です。

でもこの素敵な渦はどうやって描いているんだろう。。。どうやってこの書体を習得すれば良いか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は独学でカッパープレート体を習得できるレッスン本をご紹介したいと思います。

和訳されたカリグラフィーレッスン本でわかりやすい

基礎を習得し、カリグラフィーをもっと深く学びたい方はきっと海外のカリグラファーの文字を習ってみたいと思う方も多いのではないでしょうか?

しかし、現在海外本で日本語に翻訳されているカリグラフィーの本はまだまだ少ないことが現状です。
そこでご紹介させていただきたいのが、今年2021年に発売されたこちらの本

シュテファニー・ヴァイゲレ著『カッパープレート カリグラフィー』
日本語に翻訳された数少ない本格的なカリグラフィーレッスン本でファンにとっては待望の1冊です☆

カッパープレート体の基礎や歴史まで深く学ぶことができる

大文字・小文字・スワッシュの書き方、道具選びなどカッパープレートカリグラフィーに必要な知識がぎっしりと詰まった1冊で、ダウンロードして使えるガイドシート付きなんです。

それぞれのアルファベットについて詳しく描きかたを解説してくれています。
とてもありがたいNG例も載っているが嬉しいですね。

こんな風に描くと美しくないという文字例がついているのでとても参考になります。

他にもカッパープレート体を描くのに適したニブを詳しく紹介してくれていたり、カッパープレート体の専門用語や歴史的ルーツを細かく解説してくれています。

シュテファニー・ヴァイゲレ(Stefanie Weigele)

シュテファニー・ヴァイゲレはドイツのプレーメンにてグラフィックデザインを学びました。
ドイツで数少ないクラシックなポインティッドペン・カリグラフィーを専門とするカリグラファーの1人で、カッパープレート体を描くスペシャリスト。
ラコステやテッドベーカー・ロンドンなど有名なブランドに文字やデザインを提供されています。

私がインスタで以前この本を紹介させていただいた時、コメントをいただきました。

実際の@junobanecalligraphyでのやり取り

お人柄もとても温かく、いつか彼女のワークショップ、レッスンを実際に受けてみたい!と思っています^^☆


全240ページにもなるこちらのレッスン本。もしカリグラフィーをもっと深く知りたいと思っているかたは絶対持っていた方が良いオススメの1冊です。

webサイトfederflug.com (英語とドイツ語)

インスタグラム@federflugcalligraphy

まとめ

世界観がとても魅力的です。公式サイトやインスタグラムも是非覗いてみてくださいね♪
今回のカリ旅はカッパープレート体のレッスン本についてでした^^

最後までお読みいただきありがとうございます。
今日も素敵なカリグラフィーLifeを☆

カリグラフィースターターキット
生活にあたらしいひと時を。

JUN OBANE

JUN OBANE

カリグラファー/ 文字デザイナー/ プロダクトデザイナー/ ひとめ見てときめくMONO作家/ カリグラフィー講師/ 活動拠点:鹿児島

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


JUN OBANE

JUN OBANE

カリグラファー/ 文字デザイナー/ プロダクトデザイナー/ ひとめ見てときめくMONO作家/ カリグラフィー講師/ 活動拠点:鹿児島

TOP