カリグラフィーのはじめ方

【2019】カリグラフィーを学ぶのにオススメの本は?

カリグラフィーを始める上で、私がオススメする本 「BEST3」を発表します。

第3位 Modern Calligraphy Practice Pad

カリグラファーのKarlaさんによるカリグラフィー練習帳。すべてのアルファベットの描き方を詳しく解説してくれています。またそれぞれのアルファベットに関して大文字と小文字・文字と文字の繋ぎ方、合わせて10通りずつ練習出来るようになっています。

カリグラフィーを始めようと思っているかたにぴったりの本です!

第2位 modern calligraphy

LUCY EDMONDSモダンカリグラフィー』表紙のピンクゴールドの文字がとても素敵な本です!

ルーシーさんは2012年、イギリス・ロンドンで初のモダンカリグラフィー・ワークショップをスタートしたモダンカリグラフィー の第一人者です。今まで教えた生徒の方は数千人にもなる彼女のカリグラフィースタイル・レッスンは大人気で、今でもワークショップの予約はすぐに埋まってしまうそう。
彼女の書体、インクの使い方、ニブやブラシの使い方、実際に封筒やギフトタグに書く方法などが分かりやすく説明してあります。

※英文のみの取り扱い

第1位 CALLIGRAPHY STYLING

ヴェロニカ・ハリム『カリグラフィー・スタイリング』

とにかく世界観が素敵すぎます。この本を手に取ったらきっと沢山の人がカリグラフィーを始めたくなる一冊です。

ハリムさんの圧倒的なセンスやカリグラフィーを楽しんでいる事がとても伝わってくる本です。インクや紙などの基本的な情報も記載されていますし、実際にメッセージカードの作り方や結婚式のアイテムの作り方も説明してくれていますのでこの一冊あればカリグラフィーの事を良く勉強する事ができます。日本語版ですのでご安心ください。

ヴェロニカ・ハリムさんは日本でワークショップも定期的に開催されていて、私も先日参加してきました!!

ワークショップに参加した時のブログもまた追ってアップしていきますね^^

まとめ

以上私がオススメするカリグラフィーブックランキングでした!

いかがでしたでしょうか。沢山の本がありますが是非参考にされてくださいね。英語版のみの販売が多いですがイラストや実際に文字を描いて説明してくれています。是非世界的に有名な方たちのカリグラフィーにも触れてみてください^^

最後までお読みいただきありがとうございます^^
それでは本日も素敵なカリグラフィーを⭐︎

カリグラフィースターターキット
生活にあたらしいひと時を。

JUN OBANE

JUN OBANE

カリグラファー/ 文字デザイナー/ プロダクトデザイナー/ ひとめ見てときめくMONO作家/ カリグラフィー講師/ 活動拠点:鹿児島

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


JUN OBANE

JUN OBANE

カリグラファー/ 文字デザイナー/ プロダクトデザイナー/ ひとめ見てときめくMONO作家/ カリグラフィー講師/ 活動拠点:鹿児島

TOP