カリグラフィーQ&A

〝D〟の大文字ってむずかしくない?

おはようございます、OBANE JUNです☆

今日もカリグラフィーの世界を旅するチャンネルはじまりました!

大文字の〝D〟の文字が難しい!どうすればうまく書けるようになりますか?

という質問をいただきました。

たしかに。。。Dの文字ってバランスが難しい!!

ということで今回はDの文字を書くコツをお伝えしていきたいと思います☆^^

Dを書くのにおすすめのペンとニブ

いろいろと試して書きやすかったのがこちらのペンとニブ。

ペン→スピードボール・オブリークホルダー

ニブ→ZEBRA Gペン

この2つの組み合わせがDの文字を滑らかに書けました。

細さもちょうど良いです☆

バランスを考えよう

1.赤丸2つをガイド線に合わせてみましょう

2.黄色い部分のスペースはどちらも楕円形にする

アップストロークがポイント

この文字の一番重要なのはアップストロークを安定した滑らかな線で書けるかにかかっています!

ガタガタのアップストロークがガタガタだと。。美しくありませんね><

原因は①力を入れすぎ ②ペンを立てすぎてニブが引っかかる ③書くスピードが速すぎるor遅すぎる

アップストロークはできるだけ力を抜いてニブを斜めのガイド線に合わせた角度で丁寧に書きましょう

滑らかな線にするもうひとつの大切なコツは

アップストロークを書く時に最後のカーブをえがくところまでイメージして書くことです。

そうすることでアップストロークも自然と滑らかな線になります。

これは日本の書道も同じで、線のつながりが重要という

文字を書く時の大切な考え方になります。

よりシックな〝D〟の文字にするために

より上品でクラシックな雰囲気にしたい時は

始めのダウンストロークの線をカーブさせてみましょう^^

まとめ

以上、〝D〟の大文字の書き方のコツについてお伝えさせていただきました。

ポイントは

①ペンはスピードボールオブリーク、ニブはZEBRAGペンがオススメ

②斜めガイド線に合わせて書く

③文字のスペースは楕円形に

④アップストロークを書く時最後のカーブまでイメージして書く

⑤よりシックな文字にする場合はじめのダウンストローク線をゆるくカーブさせる

でした。

あとは練習あるのみ!です☆

わからないことや他のこの文字の書き方のコツを知りたいという方は

ぜひインスタグラム@junobanecalligraphyからお気軽にメッセージください(^ ^)

少しでもご参考になってくれると嬉しいです。

それでは今回も最後までお読みくださりありがとうございます。

今日も素敵なカリグラフィーLifeを☆

カリグラフィースターターキット
生活にあたらしいひと時を。

JUN OBANE

JUN OBANE

カリグラファー/ 文字デザイナー/ プロダクトデザイナー/ ひとめ見てときめくMONO作家/ カリグラフィー講師/ 活動拠点:鹿児島

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

JUN OBANE

JUN OBANE

カリグラファー/ 文字デザイナー/ プロダクトデザイナー/ ひとめ見てときめくMONO作家/ カリグラフィー講師/ 活動拠点:鹿児島

TOP