カリグラフィーの道具紹介

DIYで使う◯◯がカリグラフィーを美しくする!

おはようございます^^OBANE JUNです。

カリグラフィーの文字を書いていると少しずつ下に下がったり、上に上がったりまっすぐ書けないことってありませんか?

一生懸命書いた文字が斜めになってしまっていたらもったいないですよね。
まっすぐだったらもっと美しいのに。。

そんな悩みを解決してくれるアイテムを見つけましたのでみなさまにもご紹介させていただきます!!^^

救世主はDIYで活躍するレーザー墨出し機★

↑↑初めて見る方もいらっしゃるかもしれません。こちらがレーザー墨出し器です。

レーザー墨出し器とは
建築現場やDIYをするときなど広く使われる機器です。身近なことで例えれば壁に画びょうでカレンダーを貼る時。2点止めを行うと曲がってしまいますが、レーザー墨出し器の基準となる線に沿って作業を行えばスムーズにできます。

最近では手軽に入手可能です☆料金は大体5000円前後で購入できます。私が購入したのはCUBE nimiのレーザー墨出し器です。

カリグラフィーでどうやって使うの?

レーザーを紙に向かってまっすぐ当てます。
レーザーの線には小文字の下のラインを合わせるように書きます。

あまり長時間レーザーを当てて書くと目が疲れてしまうので、休憩を挟みながら書くようにしてくださいね^^

やっぱりまっすぐが美しいっ!!

まっすぐ書くことが難しいかたは是非参考にされてみてくださいね。
Instagram投稿の中で実際に書いている動画をUPしていますのでそちらも是非ご覧ください^^

https://www.instagram.com/p/CThR6QYPREx/?utm_medium=copy_link

今回も最後までお読みくださりありがとうございます。

本日も素敵なカリグラフィーLifeを☆

カリグラフィースターターキット
生活にあたらしいひと時を。

JUN OBANE

JUN OBANE

カリグラファー/ 文字デザイナー/ プロダクトデザイナー/ ひとめ見てときめくMONO作家/ カリグラフィー講師/ 活動拠点:鹿児島

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


JUN OBANE

JUN OBANE

カリグラファー/ 文字デザイナー/ プロダクトデザイナー/ ひとめ見てときめくMONO作家/ カリグラフィー講師/ 活動拠点:鹿児島

TOP