カリグラフィーの道具紹介

人気のカリグラフィーニブ/Hunt 101の使い心地は?!

おはようございます、OBANE JUN です^ ^

今回はカリグラファーに人気のニブを実際に試してレポートしたいと思います⭐︎

Hunt 101とは?

カリグラフィーニブ
Speedball Hunt 101
1899年にホワード・ハント氏が米国 ニュージャージーで設立したSpeedball社のカリグラフィーニブ。

Hunt 101は、モダンスタイルだけでなく、カッパープレート体やスペンサリアン体で最も人気のあるニブの1つです。最高級のスチール製で、ブロンズ仕上げ。耐久性があり長持ちするニブで、練習に最適です。

・サイズ:長さ約3.2cm
・個数:1個
・製造国:アメリカ

購入先:https://www.papertree.jp/smp/item/CA-NI-17.html

実際に書いてみた

非常に柔軟でシャープなこのニブは、細いヘアラインから太い線まで美しいラインバリエーションを生み出します。

書体も

カッパープレート体

モダンスタイル

そしてフローリッシュもくるくると美しい線を書くことが可能です。

Hunt 101使用するときの注意点


ほとんどの紙で使用できますが、

凹凸のある紙ではアップストロークの際に多少の引っ掛かりを感じる可能性があります。

凹凸のある紙に書く際は、ゆっくり丁寧に書くことを意識しましょう。

ペン先の向きを右斜め上を向けて、

出来るだけペンを寝かせて紙を滑らすように書くと

スムーズに書くことが出来ます☆

もし引っかかってしまっても慌てずに途中から書いて

書き足していけば大丈夫です^^

まとめ

以上今回はカリグラフィーニブ〝Hunt 101

についてのレポートでした♪

細い線と太い線の強弱がつけやすいので

一度使ってしまうと、

その書き心地の良さにハマってしまうかもしれません♪

それでは今回も最後までお読みくださりありがとうございます。

今日も素敵なカリグラフィーLifeを☆


カリグラフィースターターキット
生活にあたらしいひと時を。

JUN OBANE

JUN OBANE

カリグラファー/ 文字デザイナー/ プロダクトデザイナー/ ひとめ見てときめくMONO作家/ カリグラフィー講師/ 活動拠点:鹿児島

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

JUN OBANE

JUN OBANE

カリグラファー/ 文字デザイナー/ プロダクトデザイナー/ ひとめ見てときめくMONO作家/ カリグラフィー講師/ 活動拠点:鹿児島

TOP