カリグラフィーの世界を旅するブログ

おすすめの道具

カリグラファーに人気のニブを、書き比べてみた☆Part2

カリグラファーに人気なペン先(ニブ)のご紹介をしていきたいと思います⭐︎

今回ご紹介するのはこちらの3つのニブです。


1.Brause66 Extra Fine(EF)
-ブラウゼ66-

まず1つめにご紹介するのはこちらブラウゼ66
ドイツ・ブラウゼ社のペン先。¥330
サイズは2.8cm。

POINT私が今までみてきたニブの中で一番小さい!!!

とても小さく柔らかいニブです。小さいから太い線は書けないのかなと思いきや太い線も普通のサイズのニブと同じくらいに書けます。もちろん極細の線もかけるので、私個人的にはとても好きなニブの1つ^^


2.Leonard Principal Extra Nib
-レオナード プリンシパル-

2つめにご紹介するのはこちらレオナードプリンシパルEF

イギリスのマニスクリプト社製のニブ。¥495
プリンシパルとはバレエ団のトップにいるダンサーのことのようです。その名前をつけたことからもこのニブはとてもしなやかなで美しい細い線を書くことができる希少なヴィンテージニブです。

カッパープレート体を書くニブとしておすすめのニブです。

購入先はこちら


3.Gillott303-ジロット303-

3つめはこちらをご紹介します☆

ジロット303
イギリスのWilliam Mitchell社で製造されたニブ。¥165

こちらのニブはカッパープレート体で人気のニブです。このニブは極細の線(線幅0.1mmの線も書けます!)が書けるため、小さい文字や繊細な雰囲気を表現をしたいときに使っています。

ペン先が非常に鋭利なため紙に引っ掛かりやすいので注意しながら書いてください。
こちらも少しカリグラフィーに慣れた頃に使うのがおすすめです^^

購入先はこちら


まとめ

いかがでしたでしょうか。それぞれのニブにそれぞれの特徴があり、その良さを理解した上で文字を書くとさらにカリグラフィーが魅力あるものになりますよね^^

もし気になるペン先(ニブ)があったら是非チャレンジしてみてくださいね。最後までお読みいただきありがとうございます。
今日も素敵なカリグラフィーLifeを☆

▼Part 1はこちらから

メソッドブック付き
おすすめキット SK3

関連記事

PAGE TOP